平家の伝統 湯西川温泉の由来

壇の浦の戦いに敗れた平家の落人、平重盛の六番の王子の忘れがたみ平忠実は家臣と共に宇都宮朝綱(ともつな)公を頼り、関東へ下ったのでございます。宇都宮へ寄寓すること約1年、鎌倉方の平家追討令が、いよいよきびしくて、朝綱公の厚意に甘んじることあたわず、忠実公は家臣と共に世を忍び、川治の最高峰鶏頂山に身を隠し、敵をさけての生活を余儀なくされたのでございます。

平家の里

折も折、一族の者の婦人が男子を出生皆々不遇の内にも祥事と喜び、時も端午の節句に当たり、のぼりだけでもと残り布を合わせて、のぼりに仕立て、五月の空に祝える折から平家の残党を血眼に探す源氏の目にふれ、地の利も悪く、一族の多くは、深手を負って渓流伝いに湯西川に至り、その附近、見通しのよくきく「うすの平」に逃れたのでございます。いつまでも湯西川村落の人々、又ゆかりの人々は端午の節句には古書を偲び先祖の悲運を追憶して鯉のぼりを立てないのでございます。又ときをつげる鶏も飼わないのでございます。

そして一族は人目をはばかり猟を生計に暮らしていたのでありますが、ある日、忠実公は山をおり川岸を散策する折、そこに温泉の湧き出るのを発見して驚き且つ喜び、温泉の湧き出る所ならば子孫の内、誰かは掘り起こすであろうと、由緒深き伝来の宝物、武具、鎧、兜、金の延べ棒等を秘かに埋め、その後も温泉の事を漏らさず一族と共に不自由を忍び深山の生活に甘んじ続けたのであります。

その頃、猟によって得た熊、鹿、山菜、川魚などを焼石の上で料理した「平家石焼」に因んで今でもこの独得の料理"平家お狩場焼"などの習慣が残っているのでございます。越えて天正元年忠実公より11代目のとき雪が降っても降っても積もらない所を発見し見やれば地下よりこんこんと温泉が湧き出ているのではありませんか。ここを堀り起こさんとしているうち、かたわらより次々と多数の宝物が発見されたのでございます。

その後、川岸、川の中より多量の源泉が発見されその湯量の豊富さを誇っております。当湯西川温泉には、平家塚、高房神社など幾多の古跡が点在し当時の面影が偲べ6月5日から6日に平家大祭が催されるなど今なお伝統が受け継がれているのでございます。

囲炉裏料理「平家お狩場焼」

写真:平家お狩場焼

平家大祭

写真:平家大祭

湯西川温泉歳時記

春

Spring

- スプリングサッカーフェスティバル
- 春のトレッキング(山開き予定)
夏

Summer

6月5日~6日
平家大祭
7月中旬~7月下旬 かわあかり
7月下旬~8月上旬 竹の宵まつり
- サマーサッカーフェスティバル
8月上旬~8月下旬 夏のオーロラファンタジー
- 湯殿山神社大祭
7月中旬~8月末日 川魚のつかみどり
オススメイベント
平家大祭
平家大祭

毎年6月上旬、鎧武者や平家装束による絵巻行列をはじめ、平家の里では平家琵琶、凱旋式、着付け舞など平家一色に染まる盛大な祭りです。

竹の宵まつり
竹の宵まつり

湯西川温泉商店街では、この期間中七夕をロマン化した竹の宵まつりが開催されます。
点灯消灯時間は午後7時から午後9時まで。
ローソクの明かりに竹の物語が浮かび上がります。

夏のオーロラファンタジー
夏のオーロラファンタジー

大自然が広がる湯西川の涼しい高原で毎夜開催されます。
レーザー光線で創作した7色のオーロラが天空いっぱいに浮かび上がります。(鑑賞料有料)

川魚のつかみどり
川魚のつかみどり

湯西川温泉街を流れる清流での魚のつかみどりです。
子供も大人も楽しめます。(有料)

秋

Autumn

-
平清盛公御神木祭
10月中旬~紅葉時期 おとなの遠足
- 紅葉トレッキング
11月上旬 新そば祭(予定)
オススメイベント
おとなの遠足
おとなの遠足

大人の方が黄色い帽子とカバンを持って童心に返って楽しむ日帰り遠足ツアーです。
お茶とお弁当もついてます。

新そば祭
新そば祭

新そばの「そば打ち体験」・「早食い競争」・「販売」・「串焼き等の販売」等でお楽しみいただけます。

冬

Winter

1月下旬~3月下旬
かまくら祭
オススメイベント
かまくら祭
かまくら祭

期間中大小何百ものかまくらが出現。
雪のそり滑り遊びやかまくらの中でバーベキューが楽しめ雪国情緒がたっぷり味わえます。

宿泊予約はこちら

お問い合わせはこちら

花と華7つの予約特典

湯西川温泉花と華 Facebook

空室検索

条件より空室を検索

インフォメーション

  • お問い合わせ
  • 交通案内
  • 観光案内
  • よくあるご質問
  • お気に入りに追加する

携帯サイトからアクセス

花だより HANA BLOG

若女将ブログ おもひで日記帳